スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗譜

音大卒業して以来
譜面を見ずに本番やる機会ってまずない・・・
ソリストとしてコンチェルト弾くとか
リサイタルするとかじゃない限り・・・
オーケストラ然り室内楽然り
ミュージカル仕事やスタジオ仕事も
譜面ありきの仕事だし・・・

ところがここに来て大量の曲を
暗譜しなくてはならない事情ができた(>_<)
チェロを弾くようになって
それまで弾いていたピアノに比べ
単旋律だから暗譜するのがめっちゃ楽だ!
と思えていたはずなのに
久々暗譜作業に追われてみると
全然覚えられない・・・
年齢的なものもあると思うし(^o^;
あまりに長い間暗譜ということをしていなくて
暗譜の仕方を忘れてしまってるかんじ(>_<)
でもって譜面なしで本番をやるのがものすごい恐怖(^o^;

さらに・・・
旋律を覚えるだけならまだしも伴奏する部分もあり
コード進行も覚えなくちゃならず・・・
ピアノやギターの人は同時に頭に入れられるんだろうけど
チェロを弾いてる私の場合いっぺんに音が出せないおかげで
別々にしか覚えられない・・・
単旋律楽器の奏者はみんなそうだろう・・・

今まではコードは和音としてではなく
ばらして単音でとらえるしか方法がないと思っていたけれど
そうやってるとますます覚えられないので
頭切り替えてピアノを弾いていた時を思い出し
でも弦楽器だからギタリストになった気分で
コードトーンをいっぺんに押さえてみることにトライ中・・・

本来のチェロの役割とは違うアプローチで曲と向き合ってみると
今まで見えてなかった新たな発見もあり
それと同時に本来のチェロを弾いている時の
1音に込めてるエネルギーって半端ないってこともひしひしと・・・

暗譜するくらいまで曲と向き合うことって
仕事するようになってから少なすぎたと改めて思う・・・
やっつけでやってるつもりはないけど
次々と本番をこなさなきゃならないということは
1つの曲に浅くしか触れられないというのは
否定できない事実なわけで・・・

大変な作業だけどいい機会だから
とことんやってみようと思う♪



スポンサーサイト

Comment

チャレンジ★

初心を忘れずに! ですか♪

いつも新たな気持ちで◇

頑張って下さい!!

私も苦手

暗譜は大変、久しぶりじゃ怖いね
ピアノや弦楽器は音の量が半端無く多いのですごいな~と思う
がんばってね~
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。