スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想文

たまってたネタ第2弾!

先月末演奏しに行った小学校の校長先生から
ものすごく大きな郵便物が届いた・・・
何が入っているのかと思いきや
子供たちが一生懸命書いてくれた感想文だった
・・・しかも全校生徒分!
こういうのってものすごく嬉しい♪

画像+008_convert_20111124174739

伴奏してくれたピアノのゆきのちゃんとちょうど仕事が一緒になったので
重いけど頑張って持っていって一緒に読んだ(^-^)

低学年の子たちの文章は正直意味不明なのが多かったけど
5~6年生になると急に大人びた文章になっててビックリした・・・
それでも時々面白いこと書いてる子がいて・・・

例えば・・・
「チェロ」が「チョロ」とか「チロ」になっちゃってたり
ゆきのちゃんは「エリーゼのために」を弾いたのに
「運命」を弾いたことになってたり
・・・まぁ同じベートーベンではあるんだけどね(;^_^A
「G線上のアリア」がアルファベットが分からなかったみたいで
「じぃ線上・・・」とひらがなで書いてかるのがなんだかおかしくて・・・

「じぃ!近う寄れ!ってかんじだよねぇ」なんて大爆笑しながらも
一生懸命書いてくれた感想文を読んで感激し
私たちの演奏を純粋に楽しんでくれたり
それを通して色んなことを感じて考えてくれたのが分かって
ものすご~く嬉しかった!

またいい仕事できるようにがんばろ!って
エネルギーもらいました(≧ω≦)



スポンサーサイト

Comment

No title

わかる!凄くわかる。
子供はとってもピュア!
その気持ちを自分も持っていたいな~と思う。
私も、歌いに行った母校の中学生からのお手紙やNYの日本人学校の小学生からのお手紙は宝物です。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。