スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁師のロマンス?

本格的に梅雨だ~~~~
楽器を持って出かけるのが憂鬱な季節です・・・

今日は大雨の中パークハイアットへ
いつものギターとのデュオ・・・

数日前ギタリスト諏訪さんから
こんなんやりたいけど・・・と You Tube の URL が送られてきて
開いてみるとギター&チェロで演奏されてる
ファリャ作曲「Romance del pescador」という曲・・・

ペスカドールってペスカトーレと似てる・・・
魚貝のパスタみたい・・・確か漁師風って意味だったから
ペスカドールはスペイン語で漁師って意味かも!

漁師のロマンス??

果たしてこれはアレンジ物なのか
それとも元々ギター&チェロのために書かれた曲なのか?
小品なのか何かの曲の一部なのか?
さっそく家にあった作品辞典で調べてみたけど
ファリャの作品の中にそんなタイトルの曲は見つからず・・・

いったい何なのか気になって必死で調べた結果
バレエ音楽「恋は魔術師」の中の
「魔法の輪(漁夫の物語)」という曲であることが判明しました。
副題だったから分からなかったらしい・・・
しかも恥ずかしながら演奏経験もなかったもので・・・

IMG_0780_convert_20100620013640.jpg

この曲は小編成のオーケストラのために書かれていて
元々音数が少ないので別の形にもアレンジしやすいようです。
ギターソロやピアノソロでも演奏されることが多いみたいで・・・
この中で一番有名な「火祭りの踊り」は
ピアノソロで演奏されるのをよく耳にしますよね。

IMG_0777_convert_20100620013525.jpg

残念ながらギター&チェロという譜面はなさそうで・・・
ギターソロの譜面は見つかったので私はオケスコアとCDを購入し
これからチェロのパートをアレンジしてみようと思います。

ところで・・・
ここまで調べると今度は「ロマンス」という言葉の意味が
ひどく気になり出し・・・調べてみちゃいました。

ロマンス=恋愛

誰もがこう思うと思います・・・
もちろんそれは間違いではなかったけど
本来は「ローマ的」って意味なんだそうです!
中世ヨーロッパでは正式な古典文化を意味する「ラテン」に対して
(ラテンっていうと全く違うこと考えちゃいますよね・・・)
「民衆のもの」という意味合いがあって
そこから「空想的で大衆向けの小説や物語」
現在では「恋愛小説」という意味に派生していったんだそうで。

目から鱗!

それと音楽用語としての意味もあって
器楽曲のジャンル名の1つで
自由な形式の叙情的な甘美な楽曲のこと。
そういえば「ロマンス」というタイトルのついた曲
沢山ありますよね・・・

あ~~~勉強になっちゃいました!

「漁夫の物語」って訳されてるけど
音楽用語の方の意味もありそうな・・・
そんな叙情的な甘美な曲です~~!

早くお披露目したいな・・・



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。